子猫を拾ったら、、、条虫の話。

前回の記事で、子猫を拾ったら、糞便検査をして回虫がいるかいないかチェックしましょうというお話をしました。

 

そして、検便ではチェックしずらい寄生虫もいます。

 

条虫は、検便で卵が発見できるのは稀です。

 

 

条虫は、沢山の片節からなっていて、その片節一つ一つの中に卵が入っているので、片節が破れないと卵は出てきません。

 

片節は肉眼で十分確認できる大きさなので、便や肛門、寝床などにこれらが落ちていることによって発見できます。

 

 

片節一つは米粒のような形状、大きさをしています。

 

 

人にも移ります。

 

ノミを介してネコちゃんに移ります。

 

毛をかき分けて、黒い粒々が見えたらそれはノミの糞かもしれません。

 

 

今はスポットタイプの駆除薬がありますので、回虫、条虫、ノミはそちらで駆除することが可能です。

 

お腹に寄生する虫はまだあるのですが、今回はここまでにします。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする