投薬

動物が体調を崩したときに、病院で治療を受けるのはもちろんですが、自宅での投薬もほとんどの場合必須になってきます。

 

薬には、‐剤

    ∋矯沺

    1嫗

があります。

ほとんどの薬はもともと錠剤ですが、飼い主さんの希望により、院内ですり潰したり、液体にしたりして処方できます。

 

口の中に直接入れるのであれば錠剤、

ごはんに混ぜるのであれば散剤、

吐き出してしまう子であれば液体で与えます。

 

 

余談ですが、実家の猫はこんな感じの子です。

今はおばあちゃんになってきたので、そんなに怒ることもないですが、若い時は爪を切るのにも一苦労の猫でした。

 

さて、こういう子の場合、口の中に直接入れるのはちょっと難しいと思います。

ありがたいことに実家の猫は好き嫌いのない子なので、もし投薬するとしたら散剤にしてごはんに混ぜます。

 

食欲がない場合は、、、どうしましょう。

怒る元気もないときは錠剤の状態で、口の中に入れることにチャレンジすると思います。それでも多分二人がかりでやると思います(苦笑)

 

あとは、食欲増進剤を使える症状なのであればそれを使って、ごはんが食べられるようになるまで待ったりするかもしれません。

 

気の強い動物って可愛くて私は大好きですが、具合悪くなった場合のお世話がちょっと大変ですよね。

 

病院に連れて行くのも気が重くなるかと思いますが、まずよく先生と相談してみるといいかと思います。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


Instagram

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode