マダニは待ち伏せしています

マダニは動物の体温、呼気として排出される二酸化炭素、匂い、振動などを感知する感覚器官を持っています。

普段は草むらなどに潜んでおり、吸血できる動物が来るのを待っています。

 

 

中学生の頃、飼っていた犬にマダニがついた事がありました。

マダニというものが当時分からなくて、耳に血豆が出来たと思い、よく見てみると足が動いていたのです。

 

虫が食い込んでいる!

 

びっくりして引き抜こうとしましたが、唸って怒ってしまいました。

 

大切な事なのですが、マダニは無理に引き抜こうとしてはいけません・・・。頭だけ残ってしまいます。

 

その後、動物病院で駆虫薬を付けてもらって、事なきを得たのでした。

 

 

暖かくなってきましたのでマダニやノミも活動し始め、草むらで待っています。

予防薬は、付けるタイプ、飲むタイプと二種類あります。

与えやすいやり方を選んで頂いて、11月いっぱい予防をするのが安全です。

 

看護士

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


Instagram

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode